LOVE FOR SALE

「LOVE FOR SALE」のジャズピアノ

「LOVE FOR SALE」ジャズピアノ

「LOVE FOR SALE」コード譜

|E♭7   |・/・   |B♭m   ・/・   
|E♭7   |・/・   |B♭m   ・/・   
E♭m7  |A♭7   |D♭    |G    
|Cm7   |F7    |B♭    ・/・   
|E♭7   |・/・   |B♭m   ・/・   
|E♭7   |・/・   |B♭m   ・/・   
E♭m7  |A♭7   |D♭    |G    
|Cm7   |F7    |B♭    ・/・   
E♭m7  |A♭7   |D♭M7  |B♭7   
E♭m7  |A♭7   |D♭M7  ・/・   
|B♭7   |・/・   |E♭m   ・/・   
Edim  ・/・   |B7    |B♭7   
|E♭7   |・/・   |B♭m   ・/・   
|E♭7   |・/・   |B♭m   ・/・   
E♭m7  |A♭7   |D♭    |G    
|Cm    |F7    |B♭    ・/・   

作曲

Cole Porter

小節数

64小節

「LOVE FOR SALE」解説

Love for Sale」は、コール・ポーターによって作詞・作曲された1930年代のアメリカ合衆国のポピュラーソングで、ジャズやブルースなどの音楽ジャンルで多く取り上げられています。

この曲は、プロスティテューションをテーマにした楽曲であり、女性が自分自身を「販売」することを描写しています。歌詞は、売春婦が自分自身を宣伝するようなものであり、彼女たちは「愛を販売」し、自分たちを「商品」として売り込んでいるという表現が使われています。

この曲は、当時の社会的なタブーであったプロスティテューションについて歌っている点で、一部の聴衆からは批判的な意見が出たこともありましたが、同時に大衆文化の中で受け入れられ、広く愛される曲となりました。

また、この曲は、数多くのジャズ・ミュージシャンたちによってカバーされ、彼らの独自のアレンジで演奏されてきました。代表的なアーティストとしては、エラ・フィッツジェラルドマイルス・デイヴィスチェット・ベイカーなどが挙げられます。

現在でも、「Love for Sale」は、その特徴的なメロディーや歌詞から、世界中の様々な音楽シーンで愛される曲として知られています。

人気の記事

おすすめのジャズピアニスト

ジャズの構成を解説

MOANIN'

ジャズスタンダードを解説