投稿

SATIN DOLL

イメージ
「SATIN DOLL」のジャズピアノ お手本動画とコード譜で演奏方法を解説 ジャズピアノのお手本 演奏:筆者(jpinfo/Midnight Jazz Piano) コード譜 |Dm G7 |Dm G7 |Em A7 |Em A7 | |D7    |D♭7   |C     |A7    | |Dm G7 |Dm G7 |Em A7 |Em A7 | |D7    |D♭7   |C     |C     | |Gm C7 |Gm C7 |F     |F     | |Am D7 |Am D7 |G7    |A7    | |Dm G7 |Dm G7 |Em A7 |Em A7 | |D7    |D♭7   |C     |C     | 作曲 Billy Strayhorn, Duke Ellington 小節数 32小節 筆者の演奏のポイント(一般向け) 「SATIN DOLL」 はデュークエリントン楽団による初演の後、歌詞が付けられています。多くのジャズミュージシャンに演奏され、今ではジャズスタンダードの代表曲になっています。コード進行は比較的簡単ですが、複雑にアレンジされた音源が多く存在します。様々なミュージシャンの音源の聴き比べが楽しめる曲とも言えます。 筆者の演奏ではAメロディーはアレンジが特徴的ですが、Bメロディーは比較的譜面通りです。Aメロディーとは異なり、軽快なストライド奏法で演奏しています。こうすることで、 AメロディーとBメロディーとの曲調の変化をはっきりさせることができる のです。 筆者のアレンジ方法の解説(上級者向け) 続いて、筆者のアレンジを詳しく解説します。今回は特に特徴的なAメロディーのアレンジ2か所を紹介します。 アレンジ① Aメロディーでは裏コードを加え、自然なコード進行を維持したまま複雑な演奏にアレンジしています。 | Dm G7  |Dm G7 | Em A7  |Em A7 | 例えば1小節目は 「Dm」→「A♭7」→「G7」→「E♭7」 、3小節目は 「Em」→「B♭7」→「A7」→「F7」 という具合にアレンジしています。次のコードに自然な半音進行で移行できるようにそれぞれのコードの裏コードを追加している点がポイントです。 コードアレンジの考え方は単純ですが、ジャズらしい音使いに変えられる汎用性の高いアレンジ手

EVERYTHING HAPPENS TO ME

イメージ
「EVERYTHING HAPPENS TO ME」のジャズピアノ お手本動画とコード譜で演奏方法を解説 ジャズピアノのお手本 演奏:筆者(jpinfo/Midnight Jazz Piano) コード譜 |Cm7F7 |B♭ Gm |Cm F7 |Dm7G7 | |Cm A♭7|Dm7G7 |Cm F7 |B♭ G7 | |Cm7F7 |B♭ Gm |Cm F7 |Dm7G7 | |Cm A♭7|Dm7G7 |Cm F7 |B♭    | |Fm7B♭7|E♭ C7 |Fm7B♭7|E♭    | |Em A7 |DM7   |Gm C7 |Cm7F7 | |Cm7F7 |B♭ Gm |Cm F7 |Dm7G7 | |Cm A♭7|Dm7G7 |Cm F7 |B♭    | 作曲 Matt Dennis 小節数 32小節 筆者の演奏のポイント(一般向け) 「EVERYTHING HAPPENS TO ME」 はトニードーシー楽団にいたフランクシナトラが歌ったのが始まりです。曲の構成はA→A→B→Aの形です。 筆者の演奏はとてもシンプルです。基本的にメロディーは単音あるいはメロディーラインをトップノートとしたコードで弾いています。左手の演奏はベースラインとコードを交互に弾く形を基本としています。 ここまでシンプルなジャズピアノの演奏は逆に珍しい です。 最後のAメロディー(25~28小節目)では低いベースラインを弾かず、弾き方に変化をつけています。シンプルに演奏し過ぎると、同じAメロディーを3回繰り返すだけになってしまいます。演奏が単調になるのを防ぐために弾き方に変化をつけているのです。 筆者のアレンジ方法の解説(上級者向け) 実際の演奏はシンプルに演奏していますが、コードの多くにアレンジを加えています。特にシンプルに弾く場合には、譜面そのまま弾くだけでは心地よい演奏にならないのです。ここでは、筆者が1~4小節の間に用いたコードアレンジを紹介します。 |Cm7 F7  |B♭ Gm |Cm  F7  |Dm7 G7  | 1小節目の 「F7」 ではディミニッシュの音使いを用いています。右手の和音はメロディーをトップノートとして「E♭、G♭、A、C」、左手は「F、E♭」の2音です。右手のコードのテンションノートは♭9thを用いていることになりますが、ここでは 短3度の

'ROUND MIDNIGHT

イメージ
ピアノで弾く「'ROUND MIDNIGHT」 お手本動画とコード譜で演奏方法を解説 ジャズピアノのお手本 演奏:筆者(jpinfo/Midnight Jazz Piano) コード譜 |E♭m   |Cm D♭7|E♭mA♭7|E7 E♭7| |A♭mD♭7|G♭GA♭ |Cm F7 |Fm7B♭7| |E♭m   |Cm D♭7|E♭mA♭7|E7 E♭7| |A♭mD♭7|G♭GA♭ |Fm7B7 |E♭    | |Cm F7 |Fm B7♭|Cm F7 |Fm B♭7| |Fm B♭7|E♭mCm |E♭7D♭7|B7 B♭7| |E♭m   |Cm D♭7|E♭mA♭7|E7 E♭7| |A♭mD♭7|G♭GA♭ |Fm7B7 |E♭    | 作曲 Thelonious Monk 小節数 32小節 筆者の演奏のポイント(一般向け) 「'ROUND MIDNIGHT」 はセロニアスモンクによって作曲されたジャズを代表するスタンダードナンバーです。独特の渋い曲調とは裏腹にキーやコード進行の解釈が難しい演奏難易度が高いナンバーとも言えます。実際の演奏では、譜面に書かれたコードを筆者なりに解釈し、演奏しやすいようにコード進行をアレンジを加えたものになります。 また、Bメロディー(17~24小節)の終わりでは、曲の盛り上がりを演出するためにメロディーをオクターブ奏法で演奏しています。独特の渋い特徴を持った本曲には、 少し物足りなさを感じさせるシンプルなオクターブ奏法が相性が良い です。 筆者のアレンジ方法の解説(上級者向け) 続いて、筆者が行ったコードアレンジのうち、1~4小節目のアレンジについて解説していきます。 コードアレンジ① 2小節目の「D♭7」の箇所では、裏コードを活用したコードアレンジを加えています。 |E♭m   |Cm  D♭7 |E♭mA♭7|E7 E♭7| 実際の演奏でのコード進行は 「A♭m7」→「G7Alt」 となります。これは「D♭7」を「A♭m7」→「D♭7」というII→V進行にし、セブンスコードを裏コードである「G7」に置き換えるたと解釈できます。このアレンジでは、3小節目の「E♭m」に自然な流れで移行できるメリットも得られます。「G7Alt」の左手は「G、F」の2音、右手は「B、E♭、F、A♭」の4音で演奏していま

人気の記事

EVERYTHING HAPPENS TO ME

静かなジャズピアノBGM(著作権フリー)

ジャズの構成を解説

MY ONE AND ONLY LOVE

EASY LIVING