投稿

Piascoreで楽譜を販売してみた

イメージ
Piascoreで楽譜を販売してみた Piascore というサイトで楽譜販売を始めました。本記事では、 Piascore 、楽譜の販売手順、収益について解説します。 Piascoreとは? 楽譜を購入できる! Piascore では PDFファイルの楽譜を購入 できます。 購入した楽譜はスマホやタブレットで見たり、紙に印刷できます。 楽譜の購入はサイト内で曲名などで検索し、気に入った楽譜を購入することができます。 ほしい曲が見つからない場合は、リクエスト機能を活用してみましょう。 希望の曲をリクエストしておけば、楽譜を作成してもらえる可能性が高まります。 楽譜を販売できる! Piascore では 楽譜を販売 できます。 販売アカウント を作成し、 楽譜のPDFファイル や 曲の情報 を登録し、 販売申請 を行います。 承認されれば販売が開始されます。 筆者の場合、販売申請をした翌営業日には承認され、対応がとても早かったです。 販売のための作業はとても簡単でした。 ちなみに、楽譜は 全世界に販売できる ので、収益が期待できます。 販売までの詳しい手順は下で解説していきます。 Piascoreでの収益は? 販売する 楽譜の販売価格は、基本的には自由に設定 できます。 Piascore 楽譜ストア で楽譜が購入された場合、売り上げの 60%~80% が販売者に収益として支払われます。 Piascore – スマートデジタル楽譜リーダー で楽譜が購入された場合は、売り上げの 40~60% が販売者に収益として支払われる仕組みです。 詳しくは、下記をご覧ください。 (2022/02/20 Piascore 楽譜販売サイトより抜粋) これらは、2022/02/20時点での情報となります。 Piascoreで楽譜を販売する方法 1:販売アカウントを作成 まずは、 販売アカウント を作成しましょう。 こちら をクリックして、指示された必要事項を記入していけば、アカウントの作成は完了です。 アカウントの作成はとても簡単にできます。 2:楽譜登録をクリック 作成したアカウントでログイン後、ブラウザ上部の 楽譜登録 をクリックします。 3:楽譜の管理対象と販売対象を選択する ストアの楽譜ID 、 販売対象国 を記入します。続いて、音楽著作権管理団体が著作権を管理している場合は、 著作

KIYOLA|Rolandとカリモク家具の電子ピアノをレビュー

イメージ
Rolandとカリモク家具のコラボ!「KIYOLA」をレビュー 今回は、YouTubeチャンネル「 Midnight Jazz Piano 」を運営する筆者(JPinfo)が使っている電子ピアノ「 KIYOLA 」をレビューしていきます。 筆者は、これまでにクラシックとジャズピアノを学び、その間アップライトピアノ、グランドピアノ、電子ピアノ、シンセサイザーなど、さまざまなピアノを弾いてきました。そんな筆者が、現在進行形で愛用しているピアノは、Rolandの電子ピアノ「 KIYOLA 」です。この記事では、最終的に「 KIYOLA 」を選んだ理由と、実際使ってみた感想を紹介します。 「KIYOLA」を選んだ理由 理由1:電子ピアノ 「 KIYOLA 」は電子ピアノということ。これはとても重要です。 筆者は戸建てに住んでいますが アップライトピアノは音漏れがどうしても防げません 。筆者だけでなく、子供達もピアノを弾くので、ご近所さんの迷惑にならないかとても心配でした。 理由2:弾き心地が良い/音が心地よく聴こえる 電子ピアノといっても、弾き心地にはこだわりを持って選びました。筆者は、ピアノが好きで長く使うつもりだったので、 値段が高くても納得のいくものを購入したい と思っていたからです。 普段から、生ピアノを弾いている方は、電子ピアノを弾くと思うように表現できなくなってしまうことがあると思います。これは電子ピアノのタッチ感と生ピアノを弾いている自分の感覚がずれてしまっているからなのです。筆者もたくさんの電子ピアノを楽器屋さんで弾き比べましたが、「 KIYOLA 」 のタッチ感が一番しっくりきました 。ペダルを使いながら演奏した時の音の伸びも、とても自然だと感じています。 弾き心地がしっくり来た理由に、 音の聴こえ方 も関係していそうです。電子ピアノは音がスピーカーから出てきます。電子ピアノのスピーカーの位置によって、演奏者が感じる音の聴こえ方が大きく変わります。特に、スピーカーがピアノの上部にある機種には筆者はとても違和感を感じるのです。鍵盤を弾くとピアノ上部からピアノの電子音が顔に向かって聴こえてきます。生ピアノを弾いたときの、音の広がりが全く感じられず、どんなにピアノの音色が優れていても、違和感が残ってしまうのです。 その点「 KIYOLA 」は、 スピーカーが下に

STELLA BY STARLIGHT

イメージ
  「STELLA BY STARLIGHT」のジャズピアノ お手本動画とコード譜で演奏方法を解説 ジャズピアノのお手本 演奏:筆者(jpinfo/Midnight Jazz Piano) コード譜 |Em7   |A7    |Cm    |F7    | |Fm    |B♭7   |E♭    |A♭7   | |B♭    |Em A7 |Dm    |Gm C7 | |F     |Gm    |Am    |D7    | |G7    |G7    |Cm    |Cm    | |E♭m   |E♭m   |B♭    |B♭    | |Em    |A7    |Dm    |G7    | |Cm7   |F7    |B♭    |B♭    | 作曲 Victor Young 小節数 32小節 筆者の演奏のポイント(一般向け) 「STELLA BY STARLIGHT」 はVictor Youngが映画のために作曲したジャズスタンダードです。歌詞は後から付けられています。曲の構成は独特です。ジャズの曲でありがちなA→A→B→Aのような構成とは違います。同じメロディーが現れる箇所は、1~4小節と25~28小節の2か所しかありません。そのため、曲のメロディーがはっきりしないような印象を与えます。加えて、コード進行が転調を繰り返しているため、曲のキー(調)もはっきりしないのです。これらの要素から、 STELLA BY STARLIGHT は他にはない独特の魅力を感じさせ、多くのミュージシャンに親しまれるジャズスタンダードナンバーとなったのです。 筆者の演奏では19~24小節目で音色と演奏法を工夫して独特の雰囲気を出しています。ここで用いた音色はホールトーンと言われる全音進行の音色であり、宇宙を感じさせるような不思議な雰囲気を出すことができるのです。最後(31~32小節目)にも同様の演奏法を加え、曲全体のバランスを整えながら演奏を締めくくれるのです。 不思議な雰囲気を演出したいときは、ホールトーン の音色を活用してみてください。 筆者のアレンジ方法の解説(上級者向け) 続いて、筆者のアレンジの特徴について解説します。今回は特に特徴的な17~24小節目のコードアレンジについて説明します。 | G7♭13 |G7♭13  |Cm    |Cm   

人気の記事

MOANIN'

ジャズの構成を解説

MISTY

ジャズスタンダードを解説

EVERYTHING HAPPENS TO ME