MY ONE AND ONLY LOVE

「MY ONE AND ONLY LOVE」のジャズピアノ
お手本動画とコード譜で演奏方法を解説

ジャズピアノのお手本

演奏:筆者(jpinfo/Midnight Jazz Piano)

コード譜

|E♭ Cm |Fm7B♭7|E♭ A♭ |Gm C7 |
|Fm7G7 |Cm7F7 |Fm7B♭7|Fm7B♭7|
|E♭ Cm |Fm7B♭7|E♭ A♭ |Gm C7 |
|Fm7G7 |Cm7F7 |Fm7B♭7|E♭ D7 |
|Gm    |Am7D7 |Gm    |Am7D7 |
|Gm7   |C7    |Fm7   |B♭7   |
|E♭ Cm |Fm7B♭7|E♭ A♭ |Gm C7 |
|Fm7G7 |Cm7F7 |Fm7B♭7|E♭    |

作曲

Guy Wood

小節数

32小節

筆者の演奏のポイント(一般向け)

「MY ONE AND ONLY LOVE」は「Music From Beyond The Moon」というタイトルでGuy Woodによって作曲されました。後に歌詞を変え、フランクシナトラが歌った本曲が大ヒットしたことで、ジャズの定番曲の1つになったのです。珍しい経歴を持つジャズスタンダードナンバーです。
曲はA→A→B→Aの構成となっています。Bメロディー(17~24小節)の最後に、特徴的な和音を使っています。短3度のジャズらしい濁ったディミニッシュコードに、さらにテンションノートを加えることで際立たせています。特徴的な音使いを用いることで、BメロディーとAメロディーの区切りをはっきりさせられる効果が得られるのです。

筆者のアレンジ方法の解説(上級者向け)

続いて、筆者のアレンジをいくつか解説します。筆者の演奏では、コード進行をアレンジすることによって、スローバラードにあった雰囲気を演出しているのです。
例えば、1小節目の「E♭」→「Cm」および4小節目の「Gm」→「C7」ではコード進行をアレンジしています。

E♭ Cm |Fm7B♭7|E♭ A♭ |Gm C7 

実際の演奏をみると、1小節目は「E♭」→「D7」→「D♭7」→「C7」に変更して演奏しています。ベースラインが自然な半音進行で動くことがコード進行がスムーズな動きになるポイントです。
また、4小節目は「Gm」→「G♭7」として演奏しています。「II→V」のコード進行を裏コードに置き換え半音進行にすることで、コードが持つ機能を不明瞭にすることができます。もともとのコード進行よりも和音の主張を弱めることができ、スローバラードにあった落ち着いた雰囲気で演奏することができるのです。

筆者の演奏について

本記事の「MY ONE AND ONLY LOVE」の演奏は本ブログ「ジャズピアノペディア」とYouTubeチャンネル「Midnight Jazz Piano」を運営する筆者の演奏です。筆者は、アドリブソロ無しのジャズピアノ演奏でジャズの曲そのものの魅力を伝える活動をしています。多くのジャズピアニストがテーマだけの演奏をアルバムに収めているように、ジャズの曲はテーマだけでも十分魅力的なのです。これらの動画によってジャズを好きになってもらえると嬉しいです。また、演奏の解説がジャズピアノに興味を持つ方々のスキルアップの一助となれば幸いです。

最後まで「MY ONE AND ONLY LOVE」をご覧いただき、ありがとうございました。

人気の記事

EVERYTHING HAPPENS TO ME

静かなジャズピアノBGM(著作権フリー)

ジャズの構成を解説

EASY LIVING