ONE NOTE SAMBA

「ONE NOTE SAMBA」

「ONE NOTE SAMBA」ジャズピアノ動画

「ONE NOTE SAMBA」コード譜

|Dm7   |D   |Cm7   |B7    
|Dm7   |D   |Cm7   |B7    
|Fm7   |B   |E♭M7  |A♭7   
|Dm7   |D♭7   |Cm7 B7|B♭7   
|Em7  |A♭7   |D♭7   |・/・   
|D♭m7  |G♭7   |C♭M  |Cm7 B
|Dm7   |D   |Cm7   |B7    
|Dm7   |D   |Cm7   |B7    
|Fm7   |B   |E♭M7  |A♭7   
|D♭6   |C7    |BM7   |B♭6   |

作曲

Newton Menddonca, Antonio Carlos Jobim

小節数

40小節

「ONE NOTE SAMBA」解説

One Note Samba」は、ブラジルのボサノヴァ音楽を代表する曲の一つであり、アントニオ・カルロス・ジョビンによって作曲されました。この曲は、ボサノヴァのリズムやメロディに加え、ジョビンが得意としたモダンな和音進行が特徴的です。

曲のタイトルは、「一音だけのサンバ」という意味で、歌詞の中でも「This is just a little samba, built upon a single note」と歌われます。実際に曲中で、1音を中心にした単純なメロディが繰り返されますが、それを巧みにアレンジしたジョビンのセンスが光ります。

この曲は、ブラジル音楽の代表曲として世界中で愛されており、多くのアーティストによってカバーされています。また、ジャズの分野でもよく演奏される曲であり、スタンダードナンバーの一つとしても知られています。

One Note Samba」はメロディは単調ではありますが、ジョビンの緻密な構想によって深みのある曲となっています。ボサノヴァやジャズを好む人にとって、必聴の曲と言えるでしょう。

人気の記事

おすすめのジャズピアニスト

ジャズの構成を解説

MOANIN'

ジャズスタンダードを解説