SMOKE GETS IN YOUR EYES

「SMOKE GETS IN YOUR EYES」のジャズピアノ

お手本動画とコード譜で演奏方法を解説

ジャズピアノのお手本

演奏:筆者(jpinfo/Midnight Jazz Piano)

コード譜

|FA♭dim|Gm7C7 |F  A7 |B♭Bdim
|FM7Dm7|Gm7C7 |Am D7 |Gm C7 |
|FA♭dim|Gm7C7 |F  A7 |B♭Bdim
|FM7Dm7|Gm7C7 |F     |E♭mA♭7
|D♭ ♭7|FmEdim|E♭m   |E♭mA♭7
|D    |Gm C7 |Am D7 |Gm C7 |
|FA♭dim|Gm7C7 |F  A7 |B♭Bdim
|FM7Dm7|Gm7C7 |F     |F     

作曲

Jerome Kern

小節数

32小節

筆者の演奏のポイント(一般向け)

「SMOKE GETS IN YOUR EYES」は哀愁漂う落ち着いた曲です。原曲はミュージカル用の曲で、現在はジャズの定番曲として定着しています。「煙が目にしみる」という日本語タイトルがつけられているように、煙のようにふわっとした雰囲気で演奏したい曲です。筆者の演奏ではふわっとした雰囲気を出すために、メロディーラインの多くを和音に混ぜて弾いています。単音で弾かないようにすると、メロディーがぼんやりとしてふわっとした曲調に仕上げることができるのです。
一方で、17~24小節のサビの部分は雰囲気を変えて単音で弾いています。これだけの変化ですが、曲の雰囲気に与える変化は大きいのです。16小節までとは違い、霧が少し晴れたような雰囲気を演出できるのです。

筆者のアレンジ方法の解説(上級者向け)

この曲のコード上の特徴は、ディミニッシュコードが多用されている事です。このコードの多さによって煙のようなふわっとした雰囲気が強調されているのです。筆者の演奏でもディミニッシュコードはしっかりと弾いています。曲に特徴的なコードは下手にアレンジしないことが曲の特色を損なわないためのポイントと言えます。
他にも、筆者の演奏のコード進行のアレンジ方法を紹介します。アレンジの中でも特に際立っている部分は、19~20小節目です。

|D♭ ♭7|FmEdiE♭m   |E♭mA♭7

筆者の演奏では「E♭」→「E♭M7」→「E♭7」→「E♭6」としています。この進行におけるコードトーンの変化は「E♭」→「D」→「D♭」→「C」となります。実際の演奏ではコードを和音で弾くのは初めの「E♭」のみで、その後のコード進行をここで示した半音進行のクリシェのみで表現しているのです。この簡単な弾き方によって、落ち着いた雰囲気の中に4拍子のリズムとコードの変化を感じることができます。演奏者としては弾きやすく、聴き手としては聴きやすい音楽になる効果があるのです。この弾き方のポイントは、初めのコード「E♭」をその後のコード変化の終わりまで感じられるように強く弾くことです。このアレンジ方法は演奏が簡単なことに加えて他の曲にも応用できるので、身に着けておくと良いでしょう。

筆者の演奏について

本記事の「SMOKE GETS IN YOUR EYES」の演奏は本ブログ「ジャズピアノペディア」とYouTubeチャンネル「Midnight Jazz Piano」を運営する筆者の演奏です。筆者は、アドリブソロ無しのジャズピアノ演奏でジャズの曲そのものの魅力を伝える活動をしています。多くのジャズピアニストがテーマだけの演奏をアルバムに収めているように、ジャズの曲はテーマだけでも十分魅力的なのです。これらの動画によってジャズを好きになってもらえると嬉しいです。また、演奏の解説がジャズピアノに興味を持つ方々のスキルアップの一助となれば幸いです。

最後まで「SMOKE GETS IN YOUR EYES」をご覧いただき、ありがとうございました。