WILLOW WEEP FOR ME

「WILLOW WEEP FOR ME」のジャズピアノ

お手本動画とコード譜で演奏方法を解説

ジャズピアノのお手本

演奏:筆者(jpinfo/Midnight Jazz Piano)

コード譜

|C7 F7 |C7 F7 |C7 Dm7|C7    |
|F7    |Dm G7 |C  Am |Dm G7 |
|C7 F7 |C7 F7 |C7 Dm7|C7    |
|F7    |Dm G7 |C     |C7    |
|Fm    |Cm C7 |Fm E♭7|D♭7C7 |
|Fm    |Cm C7 |Fm E♭7|D♭7G7 |
|C7 F7 |C7 F7 |C7 Dm7|C7    |
|F7    |Dm G7 |C     |C     |

作曲

Ann Ronell

小節数

32小節

筆者の演奏のポイント(一般向け)

「WILLOW WEEP FOR ME」はトーチソングであり、ジャズの定番曲となっています。ジャズらしいブルージーな曲調を持っています。このジャズらしい雰囲気は、多くのコードがセブンスコードである事に由来しています。
本曲の魅力であるジャズらしさを強調するために、筆者の演奏ではブギウギの演奏方法を利用しています。実際の演奏でブギウギの曲調で演奏している箇所は、9~24小節になります。左手の伴奏をブギウギ特有のリズムと和音で演奏することによって、ジャズらしさを際立たせているのです。ブギウギの弾き方の基本は、コードトーンのうち「I+V」と「I+VI」の2つの和音を左手で弾くことになります。非常に簡単ですので、アレンジの幅を広げたい方はこの基本形を身につけておくと良いでしょう。

筆者のアレンジ方法の解説(上級者向け)

ここでは、筆者の特徴的なアレンジを解説していきます。「WILLOW WEEP FOR ME」のジャズらしさは、ブルージーな音色によるものなので、ジャズバラードで使うようなオシャレな音色はこの曲には合いません。セブンスコードやブルーノートスケールの音色で演奏した方が、曲の魅力を引き出せるのです。

筆者のアレンジの中で特に特徴的なコードアレンジは、16小節の箇所に現れます。

|F7    |Dm G7 |C     |C7    

実際の演奏では16小節の「C7」を「C7alt」→「C7alt on G♭7」として演奏しています。オルタードの音色はとても濁った音色です。ブルースでも用いられるジャズらしい音色の1つで「WILLOW WEEP FOR ME」との相性が良いです。さらに、その音色を4分音符のリズムで繰り返し弾くことで、ジャズらしい曲の魅力を強調しているのです。この弾き方は、ブギウギとの相性が良いのでブギウギを演奏する時に組み合わせる技法として覚えておくと良いでしょう。

筆者の演奏について

本記事の「WILLOW WEEP FOR ME」の演奏は本ブログ「ジャズピアノペディア」とYouTubeチャンネル「Midnight Jazz Piano」を運営する筆者の演奏です。筆者は、アドリブソロ無しのジャズピアノ演奏でジャズの曲そのものの魅力を伝える活動をしています。多くのジャズピアニストがテーマだけの演奏をアルバムに収めているように、ジャズの曲はテーマだけでも十分魅力的なのです。これらの動画によってジャズを好きになってもらえると嬉しいです。また、演奏の解説がジャズピアノに興味を持つ方々のスキルアップの一助となれば幸いです。

最後まで「WILLOW WEEP FOR ME」をご覧いただき、ありがとうございました。

人気の記事

使える!”Happy Birthday To You"のおすすめ動画紹介!

おすすめ!ジャズピアノBGM!(著作権フリー)

ジャズリスナーのための基礎知識① ジャズの構成を解説

ジャズスタンダードとは?曲のリスト・動画とともにに解説!

ジャズピアニストのおすすめランキング