ONLY YOU

「ONLY YOU」のジャズピアノ

お手本動画とコード譜で演奏方法を解説

ジャズピアノのお手本

演奏:筆者(jpinfo/Midnight Jazz Piano)

コード譜

|Am   |D7   |Dm7G7 |C E7 |
|Am   |D7   |Dm7G7 |C C7 |
|FmB♭7|E♭M7 |E♭mA♭7|D♭M7 |
|Dm7G7|Em A7|Dm7G7 |C E7 |
|Am   |D7   |Dm7G7 |C E7 |
|Am   |D7   |Dm7G7 |C C7 |
|FmB♭7|E♭M7 |E♭mA♭7|D♭M7 |
|Dm7G7|Em A7|Dm7G7 |CM7  |

作曲

Bob Florence

小節数

32小節

筆者の演奏のポイント(一般向け)

「ONLY YOU」はとてもジャズらしいメロディを持った曲で、ビッグバンドでの演奏が主流となります。ビッグバンドの豪華な音をイメージして派手な演奏に仕上げました。
特に右手をじゃらじゃらじゃらじゃら~・・・と弾くことで、ビッグバンドの迫力をピアノだけの演奏で表現することができます。
上記に加えてストライド奏法を適用することで、ピアノのソロ演奏でもビッグバンドに負けないくらいジャズらしい音楽を表現できるように工夫しています。

筆者のアレンジ方法の解説(上級者向け)

「ONLY YOU」のジャズらしさが感じられるポイントは3つあります。

ポイント①
キーが「C」でありながら、「Am」から始まることで、明るいCメジャーの曲の側面と渋いAマイナーの側面を有していることです。初めは暗くて渋い調子のAmですが、曲の最後はCメジャーで明るい曲調になっているのがわかると思います。

ポイント②
3~4小節目のメロディにおいて「G7」の♭9thから「C」の5thに半音進行で下がるところ(黄色部)。これによって、バッキングでテンションノートを入れなくてもメロディだけでテンションが自然に入り、ジャズらしさが表現されています。

|Am   |D7   |Dm7G7 |C E7 |

ポイント③
また、サビの部分においても同様です。9th、♭9thのテンションノートがメロディーラインに含まれています。これによって、バッキングにテンションノートを入れなくても、メロディーを弾くだけで自然にジャズらしい音使いになる仕組みです。
具体的には、5小節目の初めの「Fm」では、「G」→「G♭」→「G」という半音進行があり、コード譜に記載された「Fm」は、「Fm79」→「Fm7♭9」→「Fm79」のテンションがメロディーラインで表現されています。
7小節目の初めの「E♭m」では、「F」→「E」→「F」という半音進行があり、「E♭m79」→「E♭m7♭9」→「E♭m79」
同様に、9小節目、11小節目の初めの2つの「Dm7」においても「E」→「E♭」→「E」という半音進行のメロディーがあるおかげで、コード譜の「Dm7」の記載は自然に「Dm79」→「Dm7♭9」→「Dm7」というジャズらしい音使いになるのです。

FmB♭7|E♭M7 |E♭mA♭7|D♭M7 |
Dm7G7|Em A7|Dm7G7 |C E7 |


以上のポイントを踏まえて、以下の点に注意しながら弾いてみましょう。

・Amはマイナーらしい音使いを強調する
・9thと♭9thの半音進行は省かず弾く
・ストライド奏法によりジャズっぽさを演出する
・ビッグバンド風の音の豪華さを右手のコードをトリルで弾いて演出

筆者の演奏について

本記事の「ONLY YOU」の演奏は本ブログ「ジャズピアノペディア」とYouTubeチャンネル「Midnight Jazz Piano」を運営する筆者の演奏です。筆者は、アドリブソロ無しのジャズピアノ演奏でジャズの曲そのものの魅力を伝える活動をしています。多くのジャズピアニストがテーマだけの演奏をアルバムに収めているように、ジャズの曲はテーマだけでも十分魅力的なのです。これらの動画によってジャズを好きになってもらえると嬉しいです。また、演奏の解説がジャズピアノに興味を持つ方々のスキルアップの一助となれば幸いです。

最後まで「ONLY YOU」をご覧いただき、ありがとうございました。